GPSの電池を長持ちさせるコツ

探偵が実際に使用しているGPSの為、長時間充電を行わなくても大丈夫な設計にはなっていますが、無計画に検索を行うと電池の消耗が早くなってしまいます。

相手が移動している時に検索する 普通の会社勤務の方の例

仕事に出勤したら退社するまで動くことがない場合は、検索をできるだけせずに電池を温存。

営業、外回りの仕事をされている方の例

営業職の場合、仕事なのか休みなのか判断がつきにくい場合があります。
出社したら帰宅するまで見る必要があります。

GPS検索回数と電池消耗の比例グラフ

当社がお貸ししているGPS追跡機器は、満充電状態で最大90日以上持ちます。
それらは検索するごとに電池を消耗していきます。
1日50~70回程度の検索であれば30日ぐらいは充電をすることなく使用できますが、1日に100回等頻繁に検索を行う方と比べると持続できる日数に違いが出てきます。

検索回数とバッテリー消耗の関係

スケジュール設定時の節約ポイント

スケジュール設定では常に検索を自動で行うことができますが、必要がない時は「検索をOFF」にしておくことで持続できる日数に違いが出てきます。

頻繁に検索パターンとエコ検索パターンの比較グラフ

スケジュールの設定方法がわからない方やパソコン・スマートフォンをお持ちでない方は当社カスタマーセンターで代わりに設定を致します。

GPSレンタくんTwitter

facebook

LINEでお問合せ