お客様の声

発信機の示す居場所は正確で、尾行中に鉢合わせも防げたほどです。

30歳代 男性
浮気調査の証拠のためにGPS発信機を使用

できれば写真も撮った方が良いと言われ、尾行して証拠を撮ろうとGPSを検索しました。

度重なる妻の浮気で離婚を決め、慰謝料請求について相談に行ったところ証拠を提出した方が断然有利だと伺いました。妻と相手のメールでのやり取りには、妻が既婚者と知りながら関係を持った事や、一緒に旅行に行った事が見て取れる内容のものが多数ありましたが、できれば写真も撮った方が良いと言われ、尾行して証拠を撮ろうとGPSを検索しました。

証拠を取れれば使うこともないのでレンタルに

買うかレンタルか迷いましが証拠を取れれば使うこともないのでレンタルにし、最新式の機械を使用している店に決めました。相手の素性は分かっていたので通常プランというコースで、相手の男と会った大体の回数の把握と、家に出入りしている所を写真に納めるため、20日間のレンタル。30900円でした。電話では使い方や日数、受け取りに関して手厚い説明をしてくれます。念の為、品物は局留めの商品名はパソコン部品ということで設定をお願いしました。

妻が出かける時間帯を見計らって検索をしました。

GPS発信機は車の後部座席のシートの奥に仕込み、妻が出かける時間帯を見計らって検索をしました。これを数日間すると、浮気相手のマンションへ行くタイミングもわかり、張り込みもでき、マンションに入って行くところ、一緒にマンションから出て来て食事をしているところを写真に納めました。
電波塔やタワー式の駐車場では電波を拾いにくいと聞きましたが幸いにも障害になる物もなく発信機の示す居場所は正確で、尾行中に鉢合わせも防げたほどです。妻に証拠を提示して、相手への慰謝料請求もするつもりだという事も告げ、別居中にかかる生活費のこちらの負担、妻への慰謝料請求、財産分与など話し合いました。
写真という証拠をしたことにより、相手も「確かに不貞行為がありました」とは簡単に認めないにしろ、やはり配偶者以外の異性の部屋に行く様子や、部屋から出て来て車に乗り込む姿を写真に残されたことで、私から少しでも貰えるほのは貰わないと離婚に応じない体制だった妻の態度は変わりました。

GPSレンタくんTwitter

facebook

LINEでお問合せ