お客様の声

今は手軽なGPSという追跡方法があることを知りました。

30歳代 女性
夫の浮気調査のためにGPS発信機を使用

帰宅が遅くなった夫

30代後半の専業主婦です。
3カ月ほど前から急に主人(42才)の帰りがとても遅くなり外食をして帰ることが多くなりました。
理由を聞いても「忙しいから」「アベノミクスで景気がよくなってきたんだ」などとはぐらかされ、ハッキリしません。
結婚して12年になりますが、これまでにも何度かそういうことがあり浮気を疑ったことがありました。
今回は特に、休日にケータイを触っていることが増え「本当に浮気じゃないだろうか...」という疑いを強めていました。
主人にバレないようケータイチェックもしましたがそれらしい履歴を見つけることはできませんでした。
車で通勤しているので、お酒を飲んで帰ることはないのですがそれだけに、なぜ連日深夜になるのか、という心配もありました。
疑い始めるといつも気になってしまうし誰にも相談できないし、とても悩みました。
探偵社などに調査を依頼しようかと考えたりもしましたが具体的な証拠があるわけではなく、費用面も気になりました。

GPS発信機で追跡。自分で浮気調査

GPS発信機で追跡。自分で浮気調査
どうにかして自分で夫の行動を把握できないだろうかとネットでいろいろと検索しているうちGPSでリアルタイムに追跡できることがわかり実際に探偵さんが使っているモノをレンタルできるサービスがあることを知りました。
費用も手頃だったので、すぐにメールで依頼し、3日後には商品が届きました。
「化粧品サンプル」と記載して送ってもらったので怪しまれることもありませんでした。
GPSの設定は簡単で、私でも容易に夫の車に取り付けることができました。
取扱い説明書に書かれている「お客様専用ID・パスワード」を入力して検索すれば、すぐに私のケータイにGPSの位置住所と地図が表示されました。
1週間ほど追跡してみると、20時以降に同じ地区で車が長時間止まる日が数日ありました。
検索してみると、そこはホテル街と思わしき場所でした。

GPS発信機で確認して、探偵さんに依頼

ショックはありましたが、まだ、信じたい気持ちも半分ありました。
もちろん、自分で確かめる勇気なんてありませんし夜は2人の子どもの世話もあります。
なので、GPSのデータを基に主人の行動パターンを把握し時間と場所を指定してピンポイントで探偵社に調査を依頼。
探偵さんに写真と動画を撮ってもらい、動かぬ証拠をつかみました。
浮気が事実だっただけに悲しみもありましたが今は離婚に向けた話し合いを進めておりこの証拠が私にとって非常に有利になるということも分かりましたので撮っておいて本当によかったと思っています。

GPSレンタくんTwitter

facebook

LINEでお問合せ